~STILL JOURNAL marimekko.exblog.jp

自転車。生活まわりの好きなもの、こと。iPhoneカメラやViviCam8027で撮ったもの。


by marimekko1969
プロフィールを見る
画像一覧

堂島孝平オレひとりLIVE 2008「PLAY THE MUSIC」@江古田マーキー

なんだかこの回のレポが見当たらないのでせめて ちょっとだけでも
(5/9 冒頭のMC、後半感想、追記しときました)

5/6 昼の部

セットリストは自信ナッシング..
老化著しいので、抜けてる曲とか、順番狂ってたら突っ込みお待ちしてます。


SE
「新しい季節にウォーミングアップ」

「旅人のうた」
「世界は僕のもの」
「Remember」
「迷子の天使」
「バルンの不思議な旅」
「さよならレオ」
新曲
「Have a nice way 」
「マーブルサンデー」
「だんまり 」

EC
「メッセージソング」
「フラワーユニバース 」

簡単な解説は以下





こっから、歯に衣着せぬ、読みづらい妄想っていうかレポっていうか。


では..。

SE
「新しい季節にウォーミングアップ」

この季節はこれが聴きたいので、唐突に流れてテンションあがった〜
みなさまもそーだったんでしょうか、なんか登場するからっていうだけでない、
歓声があがっていたような。
バンドで聴きたいですねえ。

期待してる人がいるかもしれないので(嘘つけ)衣装から。
エンジのグリフィンドール(違うから。ホントは英国ブランド、Pringleだと思われる)ワンポイントつきボタンダウン白シャツ+デニムパンツ
なんだか細く見えました。眩しいっ!!!白が眩しいですっ!!!
血圧あがるし、貧血になりそうでしたっ(死に損ない)

最初にMC。
「こんにちは〜」としつこく、挨拶する。
昼の部は、毎回わりとぐだぐだ..というか、お客さんが若干テンション低めだそーで。ああ、そうかもねえ。
そこここで、「昨日はここでもっとウワー!!ってリアクションあったよ!」
と、言われる。スイマセン。笑

でも、メンツのせいかも?
いつものFCの方々の中でも、割と大人しめの人が多いのかも。昼公演。
私も今回はひとりだから押し黙ってるし。
でもMCで笑うときは、見知らぬとなりの人と笑いあったりしてね、なかなかなごやかで好きな雰囲気でしたよ。

ときおり、リアクションが期待どおりだと「これMDに録音して、1人落ち込んだときにくり返し聞きたい..」とか言ってました。
こないだからMDで録音、録音ってしつこいな。笑
むしろ毎回録音して売ってくれって思うよ。<ライヴ

毎回、1人で参戦したときは、若い相棒がいないから、セトリ思い出すのも必死。
ライヴ中はメモもとらんし、満喫することに没頭したいじゃん。
この老化した脳には、過ぎたことを思い起こすの大変。
いもずる式にずるる〜って出てくるときはいいけどさあ。
大抵は忘却の彼方。面白かったライヴの話はいつまでも記録しておきたいよ。
あとで読んで思い出したりさあ。

「旅人のうた」

これはこれでいつもどおりで(いきなり流す)丁寧な歌声で。

「世界は僕のもの」

もーどうしようかと思いました。
年よりなもんでね。この時代に初めて聴いたときの衝撃が今も鮮やかに蘇ってしまうんですね〜あの着ぐるみPVとともに。
なんつーか...
もう目頭熱くなって、おばちゃん涙ぐんだよ!!
だってさ、だって私にとっての堂島孝平ってコレだもん。
♪話しかけて行くよ〜♪ だよっ!!
今も色あせないメロディー。
弾き語りでシンプルに歌うからこそ、この時代独特のメロディーラインの美しさが際立つ。

「Remember」

ここんとこリメンバーずくし。あんなリメンバーとかこのリメンバーとか
聴いていたので、うおっまたっ!?(お前だけだ)
だけど生で聴くリメンバーは。いやも〜沁みた沁みた。
あまり普段はこの手のバラード曲はこっぱずかしくて聴かないんだけど
ラストの盛上りの2行で必ず感極まっちゃうんだよねえ、
イヤな癖です。

描き出したキャンパスを 何色に君は染めるの
追いかけても 眩し過ぎて 触れることもできない


泣いた泣いた。
MCです。

a0045768_8544451.jpgなぜ今回こんなナツカシスシリーズを歌うかっていうと。
自室のすんごいことになってるCD棚を整理してたら(地震のときは、漏れなく壁一面のCD棚をわーわー押さえてまわるそうで。ゆうべのときもさぞかし騒がれたことでしょう。いや、落ちたんじゃ?)、自分の8cmCDが束ででてきたんだって。
で、そのジャケット観てたら、あまりの風貌の酷さに
もう、申し訳ないっ
って気分になってるそうで。それはさておき、最近、音楽も全部あいちゅんとかに入れちゃって、CD手に取ることってないでしょう、ってしみじみ。
で、このコロの曲でもやろうかと。

風貌の酷さてのはね、「パーマがのびきった髪」に「やさぐれた顔つき」
当時は、とんがってないと、いいようにされる!!っていう恐怖もあって
こんなだったんだけどね..ホントごめんなさい。
当時からライヴにきてくれてた人も今日はいると思うケド
俺がファンだったら来てないから!!こんなヤツのライヴ。やだもん。

とか言ってた。(笑)

「あんな金パチみたいな頭して。。」

とかもおっしゃってましたが。
いや、むしろ今、ときどきお召しになるチョッキ(あえてチョッキ)が
その方が金パチルックというか、ときおり伸び過ぎた前髪が七三わけになると
どっからどーみても金パチに見えるときがあ..(自己規制)


とにかく、帰ったらジャケットの画像とかみてみてよ。
ほら、気の効いたヤツがいればさ、きっとどっか(ネットとか)にアゲてくれると思うから。ぜひ観てみて。
(ってオイ)
ジャケット、アップしていいんですかね?

で、なぜかリメンバーを作った季節に拘り始める堂島(なんで)

この曲、春に作ったんだよね、たしかこんな季節に。
春..うん、確か春だよ。リリースとかいつか忘れたけど。

会場「(リリースは)秋だよ!」

「秋?それ、リリースが秋だよね?てことはほら、作ったのは春だから、きっと!」

なぜそんなにこだわる.リメンバーの作成シーズンに(笑)。
ちなみに。調べたら、シングルは1998.4.21、入ってるアルバムは1998.9.19
に発売となってますね(コロンビア公式サイト調べ)
なので春に発売されてますよ。

「迷子の天使」


そして、バースデーライヴのときにアンケートとった曲の中から
何曲かやろうかって。
バンド編成の曲は、夏の楽団のときにやるから。こういうときならではの曲を
やろうかと。
で、リスト50曲っての作った訳!
(と、後ろのアンプを振り向くがなんもないことに気付いて戻る堂島)

「いや、何も用意してないよ?」(会場爆笑)
「なんでだろ、今うしろにリストがある気になった(笑)」

と言いながら、今まで過去にやってないと言い張る「迷子の天使」

「ね。やったことないでしょ?」

会場「やったよー!」「やった、二年前、マーキーでやった!」

「ええっ」

スタッフがコピーを持って来た。当時のセトリ?

「イヤイヤイヤ..やってるわ...2004年」

うなだれる堂島孝平(笑
でも結局、歌いたい気分なんだってことで歌う。

「この曲の歌詞、病んでるからね」
と、イチイチ説明してくれる堂島孝平。

そういえば、長いこと「すてきな世界」はレンタルのコピーしか持ってなかったら、歌詞カードない生活に慣れちゃってて、どうもデタラメに覚えてたわ。そんな歌詞だったんだ〜?ってある意味衝撃。

「サソリをばらまきたい」だからね。病んでるでしょ?
「マネキンにココロ与えたい」とかさ。ムリなことあることにしたがってる。
で、さんざんやさぐれたこと並べておいて、
「居直ってイッツオーライ!」
ってこの歌詞なんだよ!!(自分突っ込み/場内爆笑)

いやいやいや.いつもそんな感じだから、堂島孝平の詩は。
さらに

「フライハイ」なんて、酷いよ?ジャケットはイラストだけど
帯に写真があって、スパナかなんか持ってるから!

てことで帯のフォト。 写メりましたが見えますかね。
a0045768_8481337.jpg

マジでスパナ持ってます(怖)。 ちうかモンキー。

「バルンの不思議な旅」

そっから「擬人化シリーズ」ってことで、
倉橋ヨエコさん(このときにはとくに明言しなかったんですけど、もう廃業しちゃうらしい、次回のアルバムだしたら。涙) に提供した「バルンの不思議な旅」

これはUNIRVANAシリーズの一環って感じの曲。
赤い風船が飛んでいって..という物語のある曲。

このあいだニュースで、小学生のときに風船につけた未来への手紙が、十数年たって漁師が釣った魚の体にへばりついてて、本人の手元に戻った、なんてロマンチックなことがあって〜そういう感じの曲です。

でも、この曲の場合は誰にも届かずに海に落ちて流れてしまうんだけどね..
(会場の「ええ〜!!!!!」の声に)
ってアンハッピーエンドな曲。いやいや、なんでもハッピーエンドってわけじゃないでしょ?そういうのばっかり聞きたい人はそういうアーティストの曲聴いて〜
(どSハツゲン)

「さよならレオ」

正直、割と苦手な曲なんだけど、良く響いた。珍しく。
「ライオンキングじゃないよ?別に」
いや〜(ライオンキングとか)言うつもりないのに〜言っちゃった(笑)。
この曲は「ライオンキング」っていうより「ジャングル大帝」のほうね。
ジャングルって全く日の光とかなくて、夜はまっくらなわけじゃん?
そんな中でこう星が空に瞬いているイメージで。

新曲

こないだ、ブログでたぬきに遭遇した話を書いたあと、
たぬきの呪いなのか、その晩にMacがクラッシュしたそうな!!
「締め切りの曲とかあったんだけどね。。」

で、ソフトとか買い込んで一生懸命復旧作業して。
なんか20回くらい再起動(1度起動しなおすのに1時間とかかかって居眠りしつつ)して...
Mac使ってる人ならわかると思うんだけど。この中でマック使ってる人いる?

誰もおらんやん!!!!(涙)

堂島も(聞かなきゃ良かった的な顔で)「まあいいや。Mac使ってる人ならわかると思うんだけどね。起動したときにファンがまわってさ、プンって音がして、起動したかな?って思ったときにプツンっって、最後の方には、もうおかしく(面白く)なってきちゃってさ〜その音が!!
とにかく、そんな思いで、昨日の人には悪いことしちゃったんだけど、今朝なんとか完成したので一曲、新曲やります!」

ってことでやった新曲がすんごい好きだったのよ〜!!!
まだタイトルもキマってないんだって。
バックトラックに合わせてからオケ歌いしてくれたあああああ
はやくCDにしてください。これシングルでいいと思うわ〜。私は。
なんだかストライクゾーンに来た曲だった。ひさしぶり、この感じ。

しっかしドウジマニアにMac率低し。カナシス。

あとのセトリは
「Have a nice way 」
「マーブルサンデー」
サンデーを「チューズデー」にて。
そういえばマーブルサンデー、メチャクチャ好きな歌だわ〜
いっつもお風呂で(iPod)聴いてたから、うちでは通称「風呂の歌」(命名、娘)というくらい。
ただ、ライヴで歌うとき、なんだか明るい感じなんだよね。コール&レスポンスも入るしさ。
だから印象がいつも受け取ってるときとかなり違う感じがする。
切なくてどうしようもないイメージで聴いてるから。

「だんまり 」
だんまり、もただひたすら家で1人で聴いてるときは、とことん入り込む歌だったな〜。ブルースハープ付きで丁寧に歌ってくれた。

EC
「メッセージソング」
今回はカラオケで!前日は一応バンド、そしてこどもバージョンを歌った男の子が一緒だった。他の小さい子ども達も一緒に(可愛い!)。
だから三鷹で観たのはとってもラッキーだったのかもしれない。
これからはあんまり歌うことないかも、と言ってたから。
ホントはハイプリの演奏で聴いてみたかったよね。
すんごいハマってるわ、生で聴くとあらためて思う。

間奏部分で、まるでバンドメンバーがそこにいるかのように紹介。
世界のなべしゅん!!とか「やつはし〜」とか。
案外好きだ。このノリ。笑
会場もまるでいるかのように拍手喝采。

「フラワーユニバース 」
ニューアルバムからも一曲ってことで。
これも擬人化シリーズだね。と。

もっと覚えてる限り詳細に書きとめとうございますが。
この時期はどうも学校行事が忙しくてのんびり書ききれません。

妄言ばっかのレポでしたがお楽しみいただければ嬉しゅうございます。
今後のライヴ参加予定はゼロ..

2006年の秋に初めてライヴ行き始めてこんなことは初だ!!

個人的には24日のスタパ行きたいんですけどね..
鎌倉で聴いたアルコライムの西村さんの声が忘れられない...
CD手に入れちゃいました。
[PR]
by marimekko1969 | 2008-05-08 09:03 | Music