~STILL JOURNAL marimekko.exblog.jp

自転車。生活まわりの好きなもの、こと。iPhoneカメラやViviCam8027で撮ったもの。


by marimekko1969
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

UNIRVANA公式サイトがオープンした!

UNIRVANA SMA公式サイト
http://www.djkh.jp/

UNIRVANA vap公式サイト
http://www.vap.co.jp/unirvana/

UNIRVANA
堂島孝平 / / バップ


アルバム、ホント良かった。
じつは発売日前に、不安材料についてマイミクさんにぶちまけてたんだけど。
土下座したいくらいアルバムに完敗して。ごめんって言うほど。

22日は、車で聴きたいばかりにわざわざ車ではるばる新宿まで行った。
車ではじめて聴く新譜は最高だった。格別だった。
a0045768_10271360.jpg

西口にまわって高層ビル群を縫って走りながら聴いた渦巻都市は...

胸が震えるほど良かったよ!!!

堂島さん、免許とれよ..とって、自分の楽曲が、いかに車と言う閉鎖空間で効力を発揮するか、知っておいた方がいいよ..と思った。


帰り道、新玉川橋を渡って神奈川に入るとき、ぱあっと視界が開いて、
向こうに傾きかけた夕日が見えて。バックには「君と出逢えた奇跡」が流れていて。

♪不思議だけど
この広い世界中だけで君だけ
僕からすれば とても甘く
君と出逢えた奇跡ってヤツを感じてる



この詞がまんま私の心境で
こんなにたくさん世の中に曲が、アーティストが溢れているってのに、堂島孝平の音楽だけはずっとずっと好きでいられる、離れても戻ってきてしまうっていうのはホントに不思議だと 奇跡だと。
一体何年聴いているんだろう。未だに10年前のアルバムも良く聴く。

恥ずかしながら泣けてきた。

ひさびさに246走ったけど、そうだ。246は神奈川に入ってからのこのアップダウンがある瞬間の視界が開けるカンジがとってもスキなんだって思い出した。

新宿西口の高層ビルの景色は、20代の働いていたときの記憶が蘇るしね。
王子も新婚時代まではそこで働いていたから、なんだか懐かしい思い出といろんな意味でごっちゃになって何もかもが私にとって忘れられない新譜初聴きの日となりました。

このアルバムとずっとアンカリングしていくといいな。


さっき、遊びにきた実母が「この曲いいねえ」と言って帰って行った。

「Halo Glow」

私も好きだ。


そしてUNIRVANAを聴き終えたあとに、続けてSTEP BY STEP
を聴くと。これまたもの凄い良い。

アンコールのような。そんな余韻を残してくれる。

また一枚スルメアルバムを出してくれてありがとうって言いたい。

楽曲に対してはとてもとてもピンポインとで語りたい部分があるけれど
まだまとまらないんでまたいつか。

More
[PR]
by marimekko1969 | 2008-01-22 22:08 | Music

Thermo mag@東京

さむいさむ〜い先週、東京駅で渦に巻かれてましたw
UZUmatic Tokyo☆(アホだから)

寒かった..ホント寒い!!風はひゅ〜って吹くし。ビル風!!

丸ビル群は、丸の内駅から直結だから、いいけど。
でもDEAN&DELUCAは外に一瞬でなきゃなんない。

でもさ〜あの東京駅付近の、すっごく新旧入り混じった建物群、凄くいいね。
古いままの東京駅、その付近は真四角なシンプルな近代的なビルに取り囲まれ。


でも新丸ビルはとってもクラシックな内装で私はとても好きだ。

蝶ネクタイとステッキで歩いていても充分似合いそう(笑)
新宿もいいけど、ここもロケにしたら良かったのに。

で、何またフラフラしてきたのって。
丁度遅番の王子と一緒に銀座まで御一緒しまして〜
再び、実家の父と義父への贈り物選びの旅に。

年末、王子の実家にお邪魔したとき、手頃なサイズの木のまな板
を使っていて。王子のお父さんは結構料理好きで、鋼の包丁を研いで
使うんだけど、もうまな板が限界。笑
真中が凹んでて、みじん切りとかムズイです!!笑

で、私も愛用してる、銀杏のまな板をあげようと思ったんだけど。
小さいサイズのがなかなか置いてるところがない。
で、ネットでさんざん検索したら、京都が本拠地のBshop
っつうところが扱ってて、新丸ビルに入ってるっつうじゃないすか。
てことで、まな板のために旅に(長い)。

あったよ〜!!!ジャストサイズの銀杏のまな板。24X14X1.9cm
私は福井のフェアを青山でやってるときに買ったのでまた違うメーカーのだけど、ここでは木屋のものを扱ってました。
このサイズと軽さがとっても使いやすい。1204円なり。
フォト、今回のお買い物です。
a0045768_1839627.jpg

そして同じフロアは、面白い雑貨系ショップが目白押しなんで
ウィンドウショッピング。

で、前回も気になっていたcase study shopのサーモマグ(online shop)を購入。
だって高かったのさ..。2100円也。

同じタイプのを、ふつうに買うと確か1300円くらい。
これは表面にローズウッド柄をプリントしてあるの。
オシャレだがね。ハイテクなのに木目(笑)。

で、DEAN&DELUCAのサーモマグ(online shop)も買いました。
こっちの方が安い。1680円。
a0045768_18395595.jpg


どっちの老人も(おい)良く珈琲やらお茶やら飲むので。
王子のオヤジは釣りに良く行くし、うちのオヤジは一日中、私が前にあげたDEAN&DELUCAのマグカップを手放さない。

また愛用してくれると良いです。これは保温も保冷もそこそこできるので。
普通にマグカップみたいに使ってくれればいいな、と。

ちなみに私はMUJIのサーモマグを車で出るときに愛用してます。
これはフタがバッチリしまるのでバッグにも入れられて便利。
真中の白い奴ね。シンプルで気に入ってる。
a0045768_18404639.jpg


ああっそういえば、渋谷で堂島さんのツアーグッズのサーモマグ買わないと行けないんだった。
(いけないのか?)


堂島さんといえば、新作アルバムのPVが来週からGyaoで試聴できるらしいんだけど。
来週水曜かららしい。

http://www.gyao.jp/music/clipring/

1番したのところね。 。
マカーは観れない!!!

堂島さんだってマカーだろうに...せつねえ...。
[PR]
by marimekko1969 | 2008-01-20 18:43 | Gadjet

カウントダウン

堂島さんのライヴ、UZUmatic JAPAN、行ってまいりました〜

ただ、ツアーなんで、なんていうの?ネタバレ厳禁?
わたしゃウッカリがっつり書いてしまいそうなので
そのときは折り畳んで書きます。

その前に、いよいよアルバム発売ってことで、少しでも情報!!と思って検索していたら。

まずはアルバムレビュー。

http://www.sundayfolk.com/store/P/product/VPCC-81590

それから

Vapのモバイルでは試聴開始したみたいです。
Vapモバイルで試聴できるのは
「いとしのフリージア」
「UZUmatic City」
「旅人のうた」
「君と出逢えた奇跡」
でした。すげー短い..。


そしてそして...(もったいつけ)

年末に収録したというPVの、そのPVに出演した女性の方のブログに行き当たりました。
画像ありですよ!!

http://ameblo.jp/yuzuki-miho/entry-10065781202.html

柚木美穂さんとおっしゃる可愛らしい〜女性です。
なんの曲のPVか知りたくない方は、moreをクリックしないようにご注意です。

※それと
アイドリング!!提供曲がやっとわかりました。

1/23発売の「Snow Celeblation 」のカップリング曲で
「Like A Shooting Star」です。

More
[PR]
by marimekko1969 | 2008-01-15 23:49 | Music

新年

あけましておめでとうございます!

って何日だよって話ですが。
すっかりこちらの更新を忘れていました。
年末は忙しいんです。12月は特に。
年の瀬には紀伊の方に旅行にでていました。
忘帰洞っていうところ。

文字通り、帰るのを忘れそうなところです。
ここはネハンかっつうくらい、遠いところに。
a0045768_9271853.jpg


地球が丸く見えましたよ。


さ。このブログも
もはや何のために描いているのか目的不明ですが(笑)

自己満足です。

では新年になって、初書きは。

ジャーン。私の大好きなミュージシャン、堂島孝平がニューアルバム出すってんで
ラジオやら雑誌やら。
チェックしまくっていました。

ラジオ聴きました!!!

いつだって未完成 上手に変われない〜♪
どうしようもできないこと 弄んでいた
(PLAY THE MUSIC)

という曲で始まったラジオ。

いや〜堂島さんの曲はほんとにいつも未完成な自分に
悶え苦しむ曲でいいねえ。相変わらず。永遠の25歳。永遠の少年。

後半かかった「フラワーユニバース」

フラワーユニバースはハジメテ聴いたんだけど
これがアコギ、ウン重奏の!ってすぐわかりまんた。
癒されるねえ〜
でもって
堂島さんの多重コーラスってたまらんです。

でも「僕」と「キミ」が大量投入...多いって自粛するって言ったのに..。

(そっとしといてやれ)
私的には、Cメロの

風に吹かれて 遠くとばされて
届きもしない 大空に手を伸ばしていた〜

の「言葉数、♪に対して多め」が好きです(毎度)。

トークは札幌への旅がテーマってことで。
サッボロの萌えれぬ間公園..じゃなくてモエレヌマ公園(イサムノグチ)と
まむろの豚丼について。
ほんっと好きなんですね<豚丼。

それと恋愛からの立ち直りについて。
最初は傷ついた自分に浸って、そのうちその姿がカッコ良く思えて来て。
で、ついにはなにもかも吹き飛ばすくらい「可愛い子」がでてきて
過去の恋もどっかへっていう話。

もう32なんで「可愛い子」なんて言ってていいんだろうか。
まあいいか。メンくいは一生治らないんだな。
悪いことではないな。



初めての体験なんですよ、実は。

今まで、何年彼の曲を聴いてたんだろ、新譜はいっつも知らない間にでてたし(笑)
テレビだとかラジオだとか雑誌なんてチェックしたこともなかったので。

新譜心待ち、初体験v

アルバムタイトルが「UNIRVANA」
UNIVERSALとNIRVANAの造語だそーです。
ニルヴァーナっつうと涅槃ですけど(オヤジ、涅槃で待つ..←それは言うな)

物語的っていうのでめっさ楽しみにしています。
従来、堂島さんの音楽を聴いているとですね。
物語的なものはいつも感じていました。

曲を聴いていると恐ろしいくらいにそのストーリーのバックボーンが見えてくる。
ただ、そのときの恋の思いを歌ったっていうより、一人の男の人生があって、こんな恋をした、こんなことがあった、そしてこう変わっていった。これからどう歩んで行くんだろうって想像させるような。そんな感じなんだよね〜。私はいつもそう受け取っている。

だからあえて自ら「物語的」と題して作ったこのアルバムが、どんな風にして一枚聴かせるのか興味がある。

ふと気付いたら、ほぼ全曲知っていることになってるんだよね。
インストもあるらしいから歌入りはほぼ聴いてしまったかもしれない。
それでもアルバム一枚まるっと聴いてみたい。

「さりとて」

さりとて。って使います?
堂島さん、ときどき、え?って言う言葉を使う。
前回ライヴのときに、新アルバムから「Halo Glow」を歌ったんだけども。
韻の踏み方も面白く、物語と銘打ったアルバムの最後の曲にふさわしいエピローグ的なとってもステキな曲だったんだけど。

「さりとて〜」

って。印象に残った。
こういう普段使わない言葉が、歌詞にフツーに出てくるところがときどき面白いなあって。
だから、歌詞を観るのが楽しみです。

1. UZUmatic City(ラジオで?)
2. ユニルヴァーナ海岸
3. Flower Universe(ラジオで)
4. PLAY THE MUSIC(ライブとラジオで)
5. CLUB CAVE
6. 旅人のうた(ライブで死ぬほど)
7. The Midnight
8. いとしのフリージア
9. モーニングスター/シャイニングスター(ライヴで)
10. 君と出逢えた奇跡(ライヴで)
11. Halo Glow (ライヴで)

ああ、あと10日、早く聴きたいなあ。

UNIRVANA
堂島孝平 / / バップ
ISBN : B000ZJZ5XS

More
[PR]
by marimekko1969 | 2008-01-12 09:44 | Music